交通事故治療

もし交通事故に遭ってしまったら・・・
交通事故の被害者には一般的に弁護士が付かないのですが、加害者側には自動車保険のオプションで弁護士が付くことが多く、被害者は加害者と法律の場で、弁護士と保険会社が味方についた加害者と折衝する必要が出てきます。もちろんこれらのやり取りは加害者側が有利になるように進められますので、交通事故の被害者は満足な保障得られない事がよくあります。
当院では交通事故に遭ってしまった被害者の方からのご相談に対応しております。当院には交通事故の治療にいらっしゃる患者さんが多いことから、被害者の方に適切なアドバイスをすることが可能です。もし交通事故に遭ってしまったら、お気軽にご相談ください。

交通事故に遭ってしまったら
1 まずは警察へ交通事故の届け出
加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに最寄りの警察署へ、交通事故証明書の交付を依頼します。
2 医療機関のご紹介
当院に来院頂ければ、紹介状を書き、適切な医療機関を紹介致します。
3 保険会社への連絡
保険会社へ当院が紹介状を書いた先の医療機関で治療を受ける旨を連絡します。連絡した保険会社より医療機関に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
交通事故相談-1